音楽のこだわり

家で作業する時にはクラシックのような歌詞や歌のない音楽が重宝しますが、外で聴く時はジャンルがバラけます。

私は結構楽器の生の音が好きなのかテクノみたいなピコピコ音が好きになれなくてバンドのような音楽を好んで聴きます。

どうも作られた音は苦手なんですよね、人が演奏した生の音が好きみたいです。なので、クラシックも奏者の方たちがその場で演奏したものを録音してCDにしたり、コンサートを開いて演奏してくれてるのをテレビで流したりしてるのがいいんですよね。

完璧だけど、どこか完璧になりきれないような人が奏でてる感がたまらないです。

最近では演奏だけじゃなくて歌手の歌すら機械でできてるって音楽がありますよね、あれは正直意味が分からないんです。

感情がなくただ音にあった言葉をはめ込んでできているっていうのは何が楽しいのかわかりません。

私はああいった類の音楽も好きじゃないですね。理解ができません。

テレビでもよくコンサートの映像とか流れたりしますけど、大きなスクリーンにキャラクターが映っててそのキャラクターが歌いながら動く映像が延々流れてるような状態。

それでお客さんが音楽に合わせて合いの手をいれたりする。

うん、楽しみ方はそれぞれだけど無理です(笑)

やっぱ全部が生の演奏の曲の方がいいです。